原作ゲームの転身

電話をかける

ドラゴンクエストといえばゲームに触れた事のある人なら誰もが一度は目や耳にした事があるのではないでしょうか。それほどまでに有名な人気ゲームです。
一作目が世に出たのは80年代。その頃のゲームといえば家庭用ゲーム機が主流で、テレビで楽しむのが普通でした。今のように部屋毎にに一台テレビがあるなんて家庭も少なく、当然スマホのような一人で楽しめるものだってありません。いわば家に一つしかない娯楽を独占してしまうわけです。子どもがゲームをしている様を親が見守るという風景は良くありました。なので大人も一緒に楽しめるようなファミリー向けのジャンルというのが当時は流行っていたのです。ルールや操作も単純で進めるアクションや、ゲーム以外でもルールが周知されているスポーツなどです。そんな時代でしたのでRPGというのは今ほど多くはなく、実際人気もありませんでした。その理由はマニアック過ぎる世界観や独特のルール。なにより一人で楽しむものだったからです。そんな時代にドラゴンクエストは登場しました。結果はご存知の通り、家庭用ゲーム機としては異例の売り上げを誇り、家庭用ゲーム機の普及にも一役買ったほどです。
ドラゴンクエストがここまで人気を博したのは、当時パソコンなどであった外国発祥のマニアックなRPGを日本人向けに調理し、更には人気漫画家によるキャラクターデザインをした事でした。

RPGとして人気を不動のものとしたドラゴンクエストは、ドラクエといえばRPGと言われるほどでしたが、中にはドラクエの世界観やキャラクターは好きなんだけどRPGが苦手…という人もいました。時代は進み、スマホもゲームの市場として確立されてきた現代、ついにドラクエはスマホゲームとしても登場します。スマホゲーム版ドラクエである「ドラゴンクエストライバルズ」はカードゲームとなっており、RPGが苦手な人も楽しむ事が出来るようになっているのです。

オフラインとオンライン

スマホゲームによっては一人で楽しむオフラインもあれば他のプレイヤーと楽しむオンラインのモードのあるものもあります。どう違うのか、それぞれの魅力について考えていきましょう。

記事一覧

「ドラクエライバルズなど人気のゲームの魅力を引き出す!」の記事一覧です。